ヴァレンティナとラフマニノフと共に歩く♪

何気ない日常に「あら?快適だわ💛」をお届け

スウドク、それはインドでも時間を費やす手段

インドの電車に乗りました。インドの電車というと、屋根に人が乗っている、ドアが開いている、電車が時間通りに来ない、ですね。わたしが見たインドのムンバイの駅も、こんな感じ。電車が停車する前に、飛び降りて、平然と歩きます。こんなことを日本でやったら、即アウトですね。また、ネットに上げられて、炎上。

 

わたしが乗った電車は、一等車両。中国雑技団みたいな方々の乗った電車とは違います。

 

座席に行くと、新聞が置いてました。特にやることもないので、新聞を読んでいたら、見たことあるマス目。

 

f:id:rachmanist:20191002223720j:image

 

インド人の知り合いに聞いたら、インドでもスウドクは有名なんですって。もちろん、ルールは一緒です。

 

スウドクは日本語英語、日本語インド語ですね。これを考えた日本人は、頭が良いですね。マスドクというのもありましたが、これはよく分かりませんでした。

 

ガンジーの誕生日が近いためか、新聞にはガンジーネタが多かったですね。今でもガンジーリスペクトなんですね。