東北、飛んで、九州

ローカルな場所で出会った、「まじすか!?これ良いじゃん!!」ってありますよね~。そんなモノ、事を発信しまーす!共感頂けたら、あざーす!

技術の進歩を痛感、それはストレス解消!

おはようございます。新型コロナウィルスが日本で蔓延し始め、不安が広がっています。こういうときは極力外には行かず、インドアで過ごしたいです。とは言え、インドアで何をするか、悩ましいところです。なにか良いものはないかと、家の中を物色していたら、ゲームが出てきました。こちらです↓↓↓

 

f:id:rachmanist:20200215065032j:image

 

ガンダムをモチーフとした、戦略シミュレーションです。古いソフトですが、このゲームはやばいですよ。始め、連邦か、ジオンのどちらかを選びます。まずは、連邦を選んだケースを考えましょう。

 

<連邦>

 軍のお偉いさんは、巨艦こそが兵力だ!と考えている訳です。そのため、戦艦と小型の戦闘機しか製造できません。一方、敵のジオンは人型戦闘機ザク(モビルスーツ)を持ってやってきます。戦艦の巨砲をザクに向けて放ちますが、素早く動くザクには当たりません。小型の戦闘機で12機で周りを囲むことでザク1体をやつけることが出来ますが、敵はザク1体だけではありません。この戦況下、どんどん敵のジオンにやられます。やられて、みそくそになり、ストレスたまります。この状況の中で、テム・レイというおっさんが「V作戦」を提案します。テムさんは、アムロのパパです。初めてゲームをする場合は、この「V作戦」のインパクトが分からず、三段階ある投資のうち一番遅いやつを選んでしまいます。そうすると、いつまでもジオンに押され、押され、ストレスフルです。さらに、シャアというパイロットが乗った機体に出くわすと、戦闘機だろうが、戦艦だろうが、バッタバッタとなぎ倒されます。「赤い彗星」に恐怖心を植え付けられます。シャアがいると、逃げるしかないんです。しかし、先ほどの「V作戦」を発動すると、まずはガンタンクというスーパーマシーンが試作されます。戦車の上に、ガンダムを乗っけたもののため、機動力は弱いのですが、遠距離攻撃でザクを撃破していきます。

 

これはねー、気持ちいいんですよ!

 

このガンタンクの強さに酔いしれ、調子こいてガンタンクを量産すると、資金と資源に限りがあり、「V作戦」が遅延します。遅延すると、ジオンの技術開発が進み、ガンタンクがしょぼくなります。ガンタンクくんでは、残念ながら、ジオンのプッシュプッシュを押し返すことは出来ません。ガンタンクの次に試作されるのが、人型モビルスーツであるガンキャノンです。戦車から2足歩行になり、少しだけ有利になります。少し、いやかなりですね。如何に今までクソな戦力だったかを思い知らされます。そして、巨艦こそ兵力だ!とほざいていた、軍のお偉いさんに腹が立ちます。そういう軍のお偉いさんがむかつくので、しょぼい戦闘機に乗せ、ザクに突っ込ませます。瞬殺ですね。さてさて、ここでも調子に乗ってガンキャノンを量産すると、再び「V作戦」が遅延します。そして、この「V作戦」の最後に登場するのが、ガンダムなんですよ。

 

ガンダム、凄いんです!!!

 

これまで、しょぼい戦闘マシーンでザクを袋叩きにして、一体一体倒して参りましたが、ガンダム一機で、ザクをバッサバッサ倒していきます。一騎当千ですよ。形勢逆転です。つらかった時代、ずっと我慢してきました。虐げられ、蔑まされた、日々はガンダム(RX-78)の登場で変わります。ガンダムを資金&資源の限り、いっぱい作りましょう!そして、ジオンに攻め入りましょう!この短絡作戦でしばらく、気持ちよさを味わえます。わーい!!!G-3ガンダムも出て来ますので、作っちゃいましょう!

 

って、いつまでも調子に乗っていると、ジオンでニュータイプの開発が始まり、戦場に投入されます。あれ???超まずいんじゃねー???という感じになります。ガンダム(RX-78)では通用しなくなります。こうなると、ガンダム君もゴミです。この辺でゲームの流れが分かって来ますので、資金と資源の使い方が見えて来ます。また、パイロットの重要性も分かってくるので、深みが増すんですね。

 

もし興味があれば、ぜひやって頂きたいゲームです。古いゲームですが、楽しめますし、ガンダムが好きになります。ちなみに、こちらがこのシリーズの初代版。PS1のゲームなので、画面が粗いですが、シナリオがしっかりしていますので、面白さは変わりません。個人的には、Switch版でリメイクして欲しいんです~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ジオン>

 さて、ジオンの方を語りましょう。ジオンの場合は、前述の通り、最初からザクがいます。なぜでしょう~~~???機動戦士ガンダムの映画「The Origin」をみて頂きたいですね。

 

ドズルさんのおかげです。どこかの「巨艦こそ兵力だ!」という、古臭いジジイとは違うんですよ。ザクの生い立ちも分かります。テストパイロットのおっさんたちが奮闘する姿は、泣けます。

 

 

脱線しましたが、序盤は有利です。どんどん攻めましょう。連邦をひたすら攻めるしかないんです。手を緩めてはいけません。戦艦、戦闘機、戦車、ガンガン撃墜させます。気持ち良いですよ。しかし、既存の技術ザクにおぼれ、開発を優先に進めないと、忍び寄る影が近づいてきます。

 

連邦の白い悪魔

 

です。脅威です。仲間のザクをバッサバッサ倒していきます。もうやめて~!!と叫んでしまいます。そして、前述のアムロ君も出てきます。アンタッチャブルです。だから、開発を進めておかないと、きつくなるって言ったじゃないですか~!!!

 

<終わりに>

もうね~、文章書いていて、興奮していますよ。今回はモビルアーマーについては書きませんでしたが、ビグザムとか、サイコミュ搭載のエルメスとか、ララァとか、もうね~後半も面白いんだから!ぜひ、やって頂きたいゲームです。

 

 

 

 

  

rachmanist.hatenablog.com

 

いつも手厚いフォローありがとうございます。貴殿の何気ないワンクリックが、ラフマニストの創作意欲を刺激します。それが、ブログ村でのランキングアップになります。ご協力をお願いします。↓↓↓

  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ