東北、飛んで、九州

何気ない日常に少しだけご提案!⇒あら?快適だわ💛をお届けします

会社の食堂で出会った、黒霧島EX デリシャス・ペンタゴン

 2020/9/25の夕方、久しぶりにアウトサイドでお酒を飲んできました。と言っても、会社の食堂です。リアルアウトサイドはリスク大ですから、そのリスクを少しでも低減するため、会社の食堂を選んだ訳です。

 

 ラフマニストの職場で、エクスペリメントを担当する方々は、もちろんプロフェッショナルであり、職人であるがため、時折お酒片手に話をしないと、気分を害します。このコロナ禍で、その機会を見いだせずにいましたが、遂に9/Eに決行する運びとなった訳です。そして、タイトルの運命の出会いが、そこにあった訳です。

 

f:id:rachmanist:20200926121750j:image

 

こちらは、黒霧島EX デリシャスペンタゴンです。じつは2019.3に、新しい黒霧島が発売されていたとは・・・。この日、2020/9/25の夕方まで知りませんでした。黒霧島と言えば、リーズナブルなコスト設定の、No.1 芋焼酎です。霧島シリーズの新しい仲間として、生まれた訳です。

 

黒霧島EXのシンボルである五角形の枠線の中をよく見ると、

 ・TOROTTO(トロッと)

 ・KIRITTO(キリッと)

 ・AMAMI(あまみ)

 ・MARUMI(まるみ)

 ・UMAMI(うまみ)

と書かれています。この5つの要素を最大限に引き出すことで、黄金比の美しさ"デリシャスペンタゴン"が成立します。この黒霧島EXは、上記5つの要素で、黒霧島を完全に凌駕した超本格芋焼酎なのであります。また、この写真では見えにくいですが、

 ・九州産さつまいも100%

 ・霧島裂罅水100%

 ・国産米100%

 ・本格芋焼酎は、糖質・プリン体ゼロ

というメッセージも刻まれています。

 

ホント、飲みやすい焼酎でしたね。実は飲み始めた時は、全く気が付きませんでしたが、ふと、いつものラベルではないことに気が付きました。というのも、二本目で。3人で二本の焼酎をがぶがぶ飲んでしまいました。がぶがぶ飲んでも、悪酔いしなかったので、なかなかの良いお酒なのだと思います。これまでは木挽きブルー派でしたが、これからは黒霧島EXに乗り換えようかと思ったくらいです。

 

黒霧島は芋感がありますが、黒霧島EXはそのいもさ加減が全くなく、洗練された味わいを提供してくれました。

 

この味の差異こそ、楽しみの1つと思います。霧島シリーズは、各々コンセプトがあり、分かりやすい仕上がりになっています。飲み比べてみても、楽しいと思いますよ。

 

 

 

 とことん飲み比べたいぜ~という方は、こちらをどうぞ。金額はハンパないですよ。でもそれに以上の、中身、高品質とです。ふるさと納税ですから!

 

 

 黒霧島をよくご存じな方は、単品でどうぞ💛

 

 

 

いつもご愛読、ありがとうございます。忙しく過ぎていく毎日だからこそ、その時分を楽しみませんか?あなたの、「おぉ!」って思えるシーンの数を増やしていくことこそ、より人生を充実させる術のハズです!ブログ村のランキンアップにご協力頂けますと、幸いです。ぜひ、お力添えを~♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ブログ王ランキングに参加中!