東北、飛んで、九州

ローカルな場所で出会った、「まじすか!?これ良いじゃん!!」ってありますよね~。そんなモノ、事を発信しまーす!共感頂けたら、気軽に読者になって頂けたら嬉しいです!

ハロウィンの季節が来たら、ハンドクリームの季節

ここ九州も寒くなってきました。朝方は特に冷えます。冷えると言っても、厚手のセーターを着て~、とか東北の寒さに比べたら、屁でもねーです。東北の寒さは痛いんですよ。

 

寒くなると、ハロウィンの季節。ラフマニストが小学生の頃、ハロウィンなんてものは日本で浸透しておらず、Trick or Treatなんて言葉も、周りの誰もが知らない訳です。それが今や・・・。バレンタインと一緒で、ビジネスになりますから、西洋文化が引っ張り出されるんでしょうね~。

 

f:id:rachmanist:20201013064655j:image

 

ハロウィンって元々は悪魔崇拝が由来ですが、USAでは民間行事に落ち着き、宗教的な意味合いは皆無。アメリカでは、大きなかぼちゃを買ってきて、それをくりぬいて、パンプキンのお化けを作りました。日本には、大きなかぼちゃがないので、そんなイベントはないです。目を三角形にくりぬいた記憶が遠いかなたにあります。ハロウィンは10/31です。そんな10月の終わりの日は、秋。寒くなると同時に、乾燥します。乾燥すると、肌がやられますね。ですので、保湿が大事です。今回は、保湿をテーマに、ハンドクリームについて、ご紹介します。

 

 

ハーバルボディ&ハンドバーム

MARKS&WEBをご存知でしょうか?日本で生まれた、日々使うもののブランド名です。コンセプトがしっかりした、日本のいい会社です。MARKSには"お気に入り"という意味を込め、WEBには"広める"という意味を込めています。"お気に入り"を提案して、香、曽合、そして使い心地、その時その時で選ぶ楽しみを提供するメーカーさんです。そんなMARKS&WEBが世に提供するのが、ハーバルボディ&ハンドバームです。

 

 バームを指ですくい、手になじませるまでの時間がミニマム。手の肌にすーっとなじむところ、他を圧倒しています。

  

 ロクシタンのハンドクリーム

ロクシタンは、フランスの化粧品メーカーです。南フランスのライフスタイルを取り入れた自然派のコスメティックブランドとして創業しています。オーセンティシティ(信憑性)、リスペクト(尊敬)、センソリアリティ(感覚)の3つのシンプルな価値観を大切にする会社です。ロクシタンとは、南フランスのオクシタニアの女性という意味です。

 

ロクシタンのハンドクリームはチューブ状なのでスリム感があり、清潔感ありますよね。香が上品、さすがフランスです。

 

 ハロウィンつながりのアメリカ品は、どうしても、オラオラオラぁの、臭いがあるぜー!!!の圧迫臭ですが、フランスのロクシタンはほんわり、ふんわり、エレガントです。これが欧州。さすが!だから、環境意識も高いんでしょうね。

 

オロナイン®H軟膏

 上品さは、う・・・、ないですが、まじでヒビやあかぎれがあるなら、これです!大塚製薬のオロナイン。日中持ち歩いてつけるというより、風呂上り温度が上がって水分が蒸発しやすいタイミングとか、就寝前にぬりぬりするクリームですね。

 

 

 

いつもご愛読、ありがとうございます。忙しく過ぎていく毎日だからこそ、その時分を楽しみませんか?あなたの、「おぉ!」って思えるシーンの数を増やしていくことこそ、より人生を充実させる術のハズです!ブログ村のランキンアップにご協力頂けますと、幸いです。ぜひ、お力添えを~♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ブログ王ランキングに参加中!