東北、飛んで、九州

何気ない日常に少しだけご提案!⇒あら?快適だわ💛をお届けします

【除菌】オゾンの力で、お部屋空間を衛生的に!

オゾンはO3と描かれます。Oは酸素ですので、酸素原子が3つ分。オゾンと言えば、年齢を重ねた方はオゾン層を思い浮かべるかと思います。難分解性のフロンは、地上から放たれると、浮遊中も紫外線などで分解されることなく、上空へ上がって行きます。最終的にオゾン層に到達すると、オゾン様が黙っておりません。しっかり酸化分解されるのです。でも、オゾンも身を削って反応しますので、減っちゃうんですね。だから、オゾンホールが出来るって訳です。それに気が付いた環境学者がフロンは遺憾よ!と声を上げて、あれよあれよで、フロン排出抑制法なんです。フロンは優れた冷媒ですが、地球にデメリットがありますので、フロン製造業者も色々な工夫をして、今では環境への影響低減の冷媒なんかもあります。課題が示されれば、大学や企業の研究者が動き出し、新しい技術が開発されます。その恩恵を、庶民が受けている訳なんです。

 

さて、このオゾン。 部屋の中の菌、ウィルスの除去にも使用されます。こんな風に定性的にお伝えするのは簡単ですが、ちゃんとした評価方法があるんです。効果を示すためには、評価方法がないと、良し悪しは決められません。(一財)日本食品分析センターにて、25m2密閉空間でテストされます。試験番号は、第20010243001-0101号です。結果がこちらです。

 

f:id:rachmanist:20210220070848j:plain

 

なんのこっちゃか分かりませんね(笑)。もともと百万個近くいたウィルスは、自然減衰の場合2時間後には十万個に減少する自然減衰。100,000÷1,000,000×100=10%となり、除去率は100%-10%=90%でした。一方、オゾンパワーでは、2時間後に千個となっているので、1,000÷1,000,000×100=0.1%。除去率は100%-0.1%=99.9%と求められます。素晴らしい実績です。

 

また、オゾンの酸化は、臭いにも効果があるんです。臭いの原因は、メルカプタン。化学式で書くと、SHです。これ、周期表のS(硫黄)と同族の酸素に変えると、OHとなります。OHは、エタノールですね。お酒か~、イイ匂いか~と思いきや、とんでもないです。ハンパない臭さです。名前もOHはアルコールであり、SHはチオールです。このSHは、様々な研究者により、ある性質が判っています。それは、酸化に弱いということです。酸化してしまえば、S-Sというジスルフィドという化学種になり、そんなに臭くはなりません。上記のウィルスの結果と同様に、メルカプタンの減衰例もあります。こちらもしっかり減少することが示されています。要するに、メチルメルカプタン)を取り除くことが出来るんですね。

  

前置きが長くなりましたが、ちゃんとしたメカニズムに則り、安全を考え、開発された商品がこちらです。

 

 

 

今回は、まじめな記事を書いてしまいました。たまには、こういうのも良いですね。

 

今回もようこそいらっしゃいました。いつもご愛読頂きまして、誠にありがとうございます。

忙しく過ぎていく毎日だからこそ、今を楽しみましょう。そして、一週間後も。一週間後に楽しみを与えてくれるのは、楽天のネットショッピングです。ハマりますと人生が少しだけ明るくなります。あなたの欲しいものはいっぱいあるかもしれませんが、お金は有限。なので、如何に多くの出会いを持ち、知識を広げることが大事です。そして、あなたの、「おぉ!」って思えるシーンの数を増やしていくことこそ、より人生を充実させる術のハズです!

また、その瞬間こそが、ベストバイタイミングです。Best Buy Time(BBT)!

ブログ村のランキンアップにご協力頂けますと、幸いです。ぜひ、お力添えを~♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ブログ王ランキングに参加中!