ヴァレンティナとラフマニノフと共に歩く♪

何気ない日常に「あら?快適だわ💛」をお届け

関ヶ原の戦い。あんな方法やら、こんな方法やら、四方八方から攻められます笑

ようこそ、「ヴァンレンティナとラフマニノフと共に歩く♪」にいらっしゃいました。心より感謝申し上げます✨。初めてお越しの方も、再訪の方も、いずれの方も、嬉しく思います。何事もきちんと思いを伝えてから、物事を始めることが大事であるということがラフマニストの心情です。

 

本日のミュージックは、「チュイルリーの庭」です。360°カメラをマニュアルでやってます笑。この動画がオススメなのではなく、チュイルリーが何かをお示しました。そう、ヨーロッパのどこかの公園です。はい、フランスです。

 


www.youtube.com

 

チュイルリーの庭は、ムソルグスキー展覧会の絵の6番目の曲です。朝から可愛らしい感じを演出したいと思い、お届けしました。


www.youtube.com

 

ぜひ目を閉じて、美しい情景を思い描きながら、聴覚が作り出す世界をエンジョイしてください💓

 

ラフマニストは、岐阜にある関ヶ原古戦場記念館に参りました。記念館全体をお示します。

 

f:id:rachmanist:20220810161615j:image

 

なんとも堂々たるお姿でしょうか!垂れ幕をご覧ください。右が徳川の家紋。左は???石田三成の旗印です。大一大万大吉、予測変換にも当然登録されている有名なやつです。家紋ではなく、旗印です。ここが、へぇ〜ポイントです。大一大万大吉とは、

「1人が多くの人のために、多くの人が1人のために、尽力すれば、天下が安泰となる。」

という石田三成の熱い思いなのです。文字が6つもあり、五月蝿い感じがありましたが、意味がわかると、まんざらでもないかなと思いませんか?人間って不思議ですね。

 

ラフマニストが来場した時は、朝イチでしたので、お客さんは”まばら”でした。入口も下のような感じ。コロナ禍だからね〜と思って、みなさんは感心感心&ラフマニストは超ラッキーと思っていました。

 

f:id:rachmanist:20220810161624j:image

 

しかし、昼ごはんを頂いたのち、再び前を通って見ると、人人人〜人人人〜でした。さっきの感心感心を返してください!こりゃ〜あかん状態でした。満員電車か!ってくらい、人がいました。ダメだろ、それは〜と思いましたね。

 

実は、ラフマニストがタイミングいい時に行っただけでラッキーだったんです。この岐阜関ヶ原記念館、大人気なんですよ。というのも、体験型の危険感なんです。椅子が揺れたり、霧を吹き付けられたり、と。あらま大変です笑。

sekigahara.pref.gifu.lg.jp

 

ラフマニストは、まず2Fの展示場で予習をしました。関ヶ原の戦いの絵巻物を用いた、非常にわかりやすい解説ビデオを30分くらいしっかりみました。その後、グランドシアターで、2回目のショート関ヶ原の戦いを見て、レビュー。からの〜、3回目は上記の関ヶ原の戦いを体験。これを経験すれば、関ヶ原の戦いは完璧に理解できます。小早川秀秋の決断遅れとか、徳川家康の陣を動かした理由とか、大谷吉継が白いマスクをつけていた理由とか。もう、関ヶ原について詳しくなります。

 

コロナが落ち着いたら、ぜひ!オススメします。