東北、飛んで、九州

何気ない日常に少しだけご提案!⇒あら?快適だわ💛をお届けします

シュッシュ、シューっシュ、ワンシュッシュ、イナバワンシュッシュ♪

 皆様、おはようございます。下記のCMソングが耳から離れない、ラフマニストです。

 


www.youtube.com

 

そのため、タイトルも、いなばワンチュールになってしまいました。ご容赦を。さて、まじめな話です。遂に、ここまで来た除菌技術というお話です。

 

こちらは、e-3Xという商品です。

 


 

 

水道水を入れ、ブルーライトが消灯したら、ご使用になれます。その時間、約1分。これで除菌液の完成です。あとは、タイトルのようにワンプッシュです。

 

正直、何言ってんの?って感じですね。水が除菌液になる訳がないじゃないか!と思います。これを科学的に解釈してみました。まず、原料の水道水。これは何を意味しているかと申し上げますと、塩素除菌された水であるということです。つまり、塩素が入っているんですね。水道水には、その濃度が薄いですが、塩素がいます。法律的な観点から申し上げますと、皆様の蛇口での残留塩素は0.1mg/L以上と水道法で定められています。この塩素がいないと、雑菌が湧き、おなかが痛くなります。つまり、ちゃんとした理由で、水道水には塩素がいます。

 

rachmanist.hatenablog.com

 

塩素がいる水こと、水道水を原料に使用し、電気を流すと、電気分解が起きます。この電気分解で次亜塩素酸やヒドロキシルラジカルが出来る訳です。これらが出来ることで、この水道水は、除菌液に変わるという訳なのです。

 

どの辺がすごいのか!?水道水に電気を流すなんてのは、当たり前体操です。別に凄くないです。前述の次亜塩素酸やヒドロキシルラジカルを最適条件で発生させるメカニズムを作ったことが技術的にすごく、この商品の売りなんですね。

 

コスパは如何に?ここ大事です。もちろん初期投資が必要です。それは、このマシンを買うこと。あとのランニングコストはと言いますと、水道代と電気代です。1日5回、除菌液を作り出すとすると、年間の電気代は・・・

 

10円!

 

今週のお題「575」ですが、

 

じゅうえんで、年間除菌、パーフェクト!

 

ありがとうございました。これが令和の技術力なんですね。

 

  


 

 

 原料は水道水で、電気でびびび~っとしただけなので、出来た除菌液を安心安全に使用出来ます。出来た除菌液はウィルスには効果てきめん(除菌率99%以上)です。

 

rachmanist.hatenablog.com

 

化学と物理の力で、身近なものを変身させてしまう技術。目の付け所が素晴らしいです。この装置に怪しい液が入っているのではと思われる方もいらっしゃるかもですが、そんなものはありません。ずっと、ちゃんと、使えます。なぜならば、水道水と電気だけで除菌液が作れるからです。最新の技術を享受できるって、幸せなことです。

 

今回もご愛読頂きまして、誠にありがとうございます。

忙しく過ぎていく毎日だからこそ、今を楽しみましょう。そして、一週間後も。一週間後に楽しみを与えてくれるのは、楽天のネットショッピングです。ハマりますと人生が少しだけ明るくなります。あなたの欲しいものはいっぱいあるかもしれませんが、お金は有限。なので、如何に多くの出会いを持ち、知識を広げることが大事です。そして、あなたの、「おぉ!」って思えるシーンの数を増やしていくことこそ、より人生を充実させる術のハズです!

また、その瞬間こそが、ベストバイタイミングです。Best Buy Time(BBT)!

ブログ村のランキンアップにご協力頂けますと、幸いです。ぜひ、お力添えを~♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ブログ王ランキングに参加中!