東北、飛んで、九州

何気ない日常に少しだけご提案!⇒あら?快適だわ💛をお届けします

人知れず、コンセントに電源を差し込んで使用する掃除機は消え、コードレス掃除機が掃除機界を牛耳る!

今はもう30年前。アメリカを転々としていたラフマニストは、ゆく先々で家に設置してあるコードレス掃除機を見て、こう思うのでした。アメリカ文化は、家の中でも外履きを履いて暮らしているので、コードありの掃除機は邪魔。縦型のコードレス掃除機が便利なんだと。しかし今、世の中を見渡せば、コードあり掃除機を使用するお宅は激減し、縦型のコードレス掃除機が活躍しています。モチロン、アメリカで見た掃除機は、今みたいに近未来型ではなく、寸胴どーんって感じのモノでした。

 

ラフマニストは、空調機も掃除機もDysonです。

f:id:rachmanist:20200829124808j:image

社会人になり、第一号の掃除機は当時流行っていた北欧のエレクトロラックスのモノでした。

 

しかし、Dysonの宣伝を見て、洗脳され、Dysonに魂を売った訳です。悪いことではない気がしています。

 

しかし、変革を求めるラフマニスト。ここで掃除機について、特に流行りのコードレス掃除機について考えてみることにしました。今回のラインナップは、こちら。各社有名なメーカーさんより

 

Dyson

 冒頭で述べたように、Dyson推しなので、Dysonから。Dyson V11 Absolute Extra。

 

 掃除機もついにディスプレイを搭載しました。このディスプレイは液晶ですが、バッテリー残量はもちろんのこと、吸引モードを表示、フィルター洗浄のタイミングも一目でわかるようになっています。吸引力が弱くなっても、まだいける、まだいけると思っちゃいますが、定量的に解析を、ユーザーに教えてくれます。せっかく掃除するなら、一回で済ませたいですよね?急がば回れ、めんどくさい作業も、サッサとやって、超効率的な掃除を実現しましょ!

 

 

 三菱電機

スターウォーズに出て来そうな、ロボットを彷彿とさせるその姿の、 INSTICK ZUBAQ HC-JD2X。きちんと安定して自立できるので、玄関に置いて、外行きのコート掛けにも使用してちゃいます。

 

コードあり掃除機時代にはない、見た目の重要性をこの掃除機は示しています。 1台4役のこの掃除機。スティッククリーナー、ハンディークリーナー、ふとんクリーナー、空気清浄機能。安定して自立できるからこそ、空気を清浄出来るんですね。基本、周囲の空気を吸引して、フィルターを通して、電気で除菌して、清浄空気を放出。掃除機の機能と一緒ですね。

 

 

 シャープ

コードありの掃除機では、シャープにお世話になりました。高速充電可能なこちらの掃除機、RACTIVE AIR POWER EC-SR5。

 

高速充電できる理由は、本体からバッテリーを外すことが出来るから。本体に付いたままですと、充電接触面積が稼げないので、そこを工夫しています。

 

 アイリスオーヤマ

仙台の自慢の電機メーカーになったアイリスオーヤマ。韓国や中国に電化製品の市場を奪われ、日本の技術者が仕事にあぶれた時、アイリスオーヤマがその技術者たちを雇いました。アイリスオーヤマが電化製品の世界で戦えるか、仙台民は不安に見ていましたが、彼らの逆襲の力はハンパありませんでした。日本の技術者をナメたらどうなるか見せてやるという負の力、恐ろしいものがあります。そんな暗黒期を乗り越えたアイリスオーヤマが自信をもって世に送ったのが、この掃除機です。 スティッククリーナーi10。

 

 超強力なのネオジウム磁石を用いたハイパワーDCブラシレスモーター、ファンは流体シミュレーターを用い、極限までロス低減を実現。シルバーとピンクがありますが、どちらも見た目のおしゃれ感があり、内装を彩るオブジェとしても。

 

掃除機も電気屋で買う時代ではなくなりました。全てはインターネット。ネットで買うなら、Amazonか、楽天か。インドでは、Flipkartです。ラフマニストは、言わずもがな、楽天派です。ネットショッピング開始時はAmazonでしたが、本やCDのお届けが遅いので、楽天に変えました。仙台に住んでいたから、楽天ってのもありますが。さて、Flipkartについて。こちらに、official HPのリンクを貼りました。

www.flipkart.com

英語読めなくても、インドでどんな商品が流行っているのかを写真で追いかけても楽しいですよ。ラフマニストのインドのお友達(インド工科大学の教授👈自慢です💛)の娘さんは、なんと、なんと、きかんしゃトーマスにハマっているとか。女の子なのに、大丈夫か~とおもったのですが、どうやらインド全体で流行っているとのこと。独特の顔つきで、引く人は引いてしまうそのface。インド人は、ドハマりなんでしょうね。で、その友達はFlipkartで機関車(engine)を購入してあげてるんですって。小3の娘にきかんしゃトーマス、日本ではありえない構図ですね。

 

 

いつもご愛読、ありがとうございます。忙しく過ぎていく毎日だからこそ、その時分を楽しみませんか?あなたの、「おぉ!」って思えるシーンの数を増やしていくことこそ、より人生を充実させる術のハズです!ブログ村のランキンアップにご協力頂けますと、幸いです。ぜひ、お力添えを~♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ブログ王ランキングに参加中!