東北、飛んで、九州

何気ない日常に少しだけご提案!⇒あら?快適だわ💛をお届けします

スマートグラスといえばスカウター、手に入る時代なんです!

久しぶりの休日。休日=会社に行かない日は、もちろん毎週あります。しかし、翌週に大きな会議があると、準備だの、なんだので、いっぱいいっぱいに・・・。精神的に休まることはありません。そんなラフマニストは7/12フル休みしました。うふふ。

 

そんなときは、ファディでコーヒーを頂きます。そう、ここは台湾の桃園店。

f:id:rachmanist:20200712123205j:image

んな、訳ありません。北九州市の桃園です。新型コロナが無ければ、今ごろは台湾にいたのに・・・と空を見て、強く思うんです。

 

そんな空の下、小倉に舞い降りました。小倉北区の竪町という街です。左にマンションが見えます。そのマンションの住人をピンポイントで狙ったスーパーこそ、このSunLiveなんです。大きなマンションと大きなスーパーの組み合わせ、ベストマッチですね。年齢を重ね、マンションに住み、近くにスーパーや薬局があるって、安心ですね。しかし、車の多いこと。新型コロナでも皆さん押し寄せるんですね。北九州もなんだかんだ田舎なので、車移動が基本。
f:id:rachmanist:20200712123157j:image

ラフマニストもここにクルマを停めて、目的のパン屋へ。というのも、往来の多い車道に面したお店なので、駐車場は車道と店の間。ここにクルマを停めるのはちょっとハードルが高いんです。車の運転に自信がないので、危険予知して、安全に停められるところへ。今回は大丈夫とか、そういう考え方を学生の頃してきましたが、社会人になればそういう考え方は廃棄しました。お店→歩道→車道と、お店と車の間で歩いている方もいらっしゃるのです。車は走る凶器ですから、その意味をよくよく理解して、車を使用する必要があると思います。
f:id:rachmanist:20200712123201j:image

なんだか説教臭くなりましたが、お店はこちら。反対側に行き、写真を撮れば全体を写せますが、そんな迷惑なことはできないので微妙なアングルから写真を撮りました。ガラスに店舗前の風景が反射して写っていて、中の様子がよく分からないかもですが。おしゃれな店舗です。九州にお住まいの方は、山口にお住まいの方は、小倉に旅行に来られた方はぜひ、お立ち寄り頂き、食して頂きたいです。


f:id:rachmanist:20200712123153j:image

 

ちなみに、あまりにも空腹で、肝心のパンの写真を撮ることを失念していました。食べ終わった後の樹脂フィルムを写真に収めたところで、何も伝わらず。代わりに食べログのリンクを貼りました。参考までに・・・。 

tabelog.com

 

 さて本題です。Playstation VRのような没入型インタフェースが流行っています。ラフマニストも、プロのピアニストが体験できるVR(バーチャルリアリティー)があれば即買いしたいと思っています。スタンウェイのピアノで、バックにオーケストラ。ラフマニノフのピアノコンチェルト第二番を弾けたら、最高の幸福を味わえることでしょう💛

 

VRの切ない使い方も・・・。不慮の事故で亡くした娘を、VRで蘇らせるという話を雑誌で読みました。韓国だったか・・・。そんな体験したら、まさに現を抜かす、もう現実には戻って来られないでしょうね。

 

スマートグラスをご存知でしょうか?前述のVRは周囲の情報を完全にシャットダウンしてしまうのに対して、スマートグラスは現実にディスプレイ上のデジタル情報を重ねて表示します。眼鏡型ウェアラブルバイスです。ドラゴンボールフリーザ様が装着していたあれ、そうスカウターです。スカウター越しに相手を見て、戦闘力を測るあれです。さすがに、人類は戦闘民族ではありませんので、戦闘力を測定する必要はありませんが。

 

楽天で調べて見たところ、こちらのEPSONのモノが購入できるんですね。しかも、10万円を切るという。すごい時代です。新型コロナ禍ですが、技術は進化しつづけるんですね。

 

 スマートホンが一気に流行ったことを鑑みれば、近々みんなスマートグラスしている時代が来るんだと思います。今購入して、時代のちょっと先を行くか、様子見るか、悩ましい限りです。ただ、この記事を書いていて、欲しくなりましたね。

 

 

いつもご愛読、ありがとうございます。忙しく過ぎていく毎日だからこそ、その時分を楽しみませんか?あなたの、「おぉ!」って思えるシーンの数を増やしていくことこそ、より人生を充実させる術のハズです!ブログ村のランキンアップにご協力頂けますと、幸いです。ぜひ、お力添えを~♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村